火の車になったなら債務整理に依頼しよう!

女の人

離婚する際には

割れたハート

正確な計算式は存在しない

離婚する際に双方が納得の上で行うのであれば問題はありませんが、その離婚の原因がどちらかの不倫にある場合は話が違ってきます。不倫をしてしまったら不倫をした側が慰謝料を支払う必要があり、不倫相手にも慰謝料を請求することが出来ます。ここで勘違いされることがあるのが、不倫したのが男性側でも女性側でも不倫をした側が慰謝料を支払うことになるということです。男性側が支払うことが多いので男性側が支払うものだと勘違いされることもありますが、女性であっても不倫をした場合には慰謝料を支払わなければいけないので注意が必要です。そして多くの人が気になるのはどれぐらいの慰謝料を請求することが出来るのかということです。しかし、慰謝料というのは精神的な損害に対して支払われるものなのでわかりやすい計算式というものは存在しません。あくまで目安にすることが出来る計算式は存在しますが、実際に慰謝料を請求するとなった場合にはその金額になるとは限らないのです。離婚原因慰謝料と離婚自体慰謝料があり、それぞれ離婚に至った原因とその後の生活のことを考えて金額が決定されます。原因が不倫であったり、他にもDVがあったりする場合にはそれだけ増額されることになります。不倫によってセックスレス状態であった場合なども増額される原因となります。ケースによって金額には大きな幅がありますが、一般的には100万円〜300万円ぐらいの慰謝料になることが多いとされています。